講師の紹介

←インデックスページに戻る

再稼働反対は国民の声
6・2NO NUKES DAY
原発ゼロをめざす中央集会に全国から18000人超

写真 写真

写真 「再稼働反対」「原発なくせ」。原発をなくす全国連絡会が6月2日、首都圏反原発連合(反原連)、「さようなら原発一千万人署名」市民の会(1000万人アクション)とともに、「6・2NO NUKES DAY」と銘打った共同行動を行いました。参加者は明治公園や芝公園で集会を行ったあと、6万人で国会を包囲し、再稼働反対を訴えました。
 原発をなくす全国連絡会が明治公園で11時から行った原発ゼロをめざす中央集会には18000人超が参加。12時半までのブース企画では、大阪や茨城、静岡、福島などの運動経験交流や、原発ゼロのグッズ販売、原発労働について考えるシンポジウム、福島の様子を伝える展示など多彩なブースが出されました。
 1時から始まった集会には、反原連のミサオ・レッドウルフさんと1000万人アクションの富山洋子さん(日本消費者連盟)が連帯あいさつ。共産党の志位和夫委員長も駆けつけ原発ゼロへの決断をと発言しました。
 被災地・福島から参加した熊谷智さんは「私たちが味わったあの恐怖は原発のせいなのに再稼働や原発輸出に進んでいる安倍政権に怒り心頭」と発言し、「収束宣言撤回」「危険な原発を今すぐなくそう」と参加者とともにコールしました。
写真 原発ゼロを目指す中央集会アピールを採択したあと、金曜官邸前抗議行動から千葉麗子さんがドラム隊とともに舞台に上がりコール。会場が一体となって「再稼働反対」「原発いらない」「子どもを守れ」と繰り返し声を上げました。
 参加者は集会後、3コースにわかれてデモ行進のあと、国会包囲行動に参加し、沿道から大きな励ましの声を受けました。集会成功に向けて、会場から200万円以上のカンパが集まりました。

3者共同の呼びかけロゴ行動予定チラシ[PDF3.18MB]はこちら)