講師の紹介

←インデックスページに戻る

3・9NO NUKES DAY
0309原発ゼロ大統一行動に32000人

写真 「再稼働反対」「電気は足りてる」「原発ゼロを撤回するな」「子どもを守れ」、32000人の声が霞ヶ関の空に響き渡りました。
 東日本大震災と福島第一原発事故から3年目を目前にした3月9日、原発をなくす全国連絡会は、首都圏反原発連合、さようなら原発1000万人アクションとともに0309原発ゼロ大統一行動に取り組みました。1時から12000人が日比谷野外音楽堂で集会をし、2時から国会請願デモと国会包囲行動、3時半から5時まで首都圏反原発連合の主催する国会前行動を行いました。全体で延べ32000人が参加しました。
写真 集会では冒頭、主催者を代表して首都圏反原発連合のミサオ=レッドウルフさんがあいさつ。「私たちは3年たっても福島のこと決して忘れていない」と述べ、直接的被害が救済されていない福島の現状を指摘。「安倍首相は原発再稼働のエネルギー計画をもくろんでいる。断固たる反対の意思を示し早急に原子力廃止のエネルギー政策に転換させたい」と語り、「さらに大きな声を上げ、多くの人々に福島のことを思い出させ、わが身のこととしてもらおう」と訴えました。
写真 福島からのスピーチ「福島県内の全原発の廃炉を求める会」呼びかけ人の名木昭さん、「NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね」の鈴木薫事務局長、福島県楢葉町宝鏡寺住職で「福島原発避難者訴訟原告団」早川篤雄団長が現状を訴え。坂本龍一さんが東日本大震災から1週間後に作ったという曲を演奏し、会場を感動の渦に巻き込みました。八幡浜・原発から子どもを守る女の会の中村きくえさん、原子力発電に反対する福井県民会議の石地優事務局次長が発言。集会決議を採択したあと、参加者はデモと国会包囲行動に向かいました。
呼応して前後一週間の間に同様の行動が全国47都道府県146カ所で取り組まれています。